Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
この世界は私のモノ。ある意味で究極な世界観ですね。もし、みんながそういう境地に達することができれば、簡単に犯罪行為は出来なくなるでしょう。社会との一体感。身内と非身内という垣根を外してしまえば世界観そのものが変わります。それを地で言えるというのは凄まじいとは思いますが。

そういう意味でノロティは素晴らしいかもしれませんが、どんなに素晴らしい思想であったとしても、それを理解しない連中にとっては無意味です。ましてや狂信者や餓鬼に対してなんて毒でしかないかもしれません。それはあくまでも世界中の人間のレベルが彼女と同等かそれ以上になった時初めて成立するパラダイスです。そうでない限りあり得ない世界だし、そうでない以上、馬鹿は肉として扱い、宗教で洗脳してやる事が救いになる。それが真理でしょう。

つまり、それ以外で馬鹿を救う手は無い。であるからこそ馬鹿は馬鹿であるわけです。この手の話が胡散臭く見える最大の理由は、馬鹿の選定方法が提示されていないからで、この世界観を描くのであれば実際にはまずそこを明確にすることが必要です。それがないから嘘くささが抜けない。

まぁ話のテーマとしてはそこそこ面白いんですが、描き方に問題があるので消化不良になっているという印象があります。構成が話卯としての体をなしていないというのも問題で、それらが相まって訳が判らないという結果になっています。残念ですが、その辺りが限界って感じのようです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6704-fb871a8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック