Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
色々と怪しい要素がてんこ盛りでしたが、どうにも概念が複雑過ぎて理解出来ません。こういう専門的な要素を扱うのであれば、もう少し時間をかけて概念を説明するべきだと思うんですが、そういう部分をあえて省略しているようで、その訳判らない感が良いってことなのかもしれません。拡散力場がどうこうとかいう理屈はこの際無視したとしても、こういう風に話が展開されていくとすると心配になるのはそれとは違う部分になります。

それは御坂以外のキャラの存在意義をきちんと定位することができるかという点。御坂の力を強調する為にはどうしても黒子の力を相対的に低くせざるを得ないということになりかねないし、佐天に至っては、既に大衆の代理というポジションに落ちてしまっています。初春にはまだ何らかの秘密があるよう感じがありますが、それが裏ネタになっているだけにギリギリまで存在感を出せないかもしれません。

さて、そうなると一体どうなってしまうのか。正直心配というしかありません。本ネタに入るまでのインターミッションの時に、御坂以外のキャラをもう少し旨く処理できていれば可能性はあったのかもしれませんが、完全にお遊びにしてしまって居たので、どうにもならない状況に追い込まれました。はてさて、どうなるんでしょうか。

話数にまだ少し余裕があるから、もう一回納めて再起動という手もあるのかもしれません。まぁそうやればやる程話が薄くなるのは避けられないので、痛し痒しではありますが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6720-aa58060a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
とある科学の超電磁砲の第20話は、飾利と同部屋になった春上衿衣。そして花火大会とRSPK症候群。
2010/02/26(金) 00:23:15 | ホビーに萌える魂
最近頻繁に起こる地震。それはただの地震ではないようす。
2010/02/22(月) 22:04:54 | 本隆侍照久の館
おやおや、水谷絵理さんじゃ(
2010/02/21(日) 04:33:39 | ナ ナ イ ロ ☆