Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
しかし、飽きさせない展開を用意するものです。そして、メイド隊に続き、ウルフ隊は一部方面で人気が出そうです。新房の凄いところは、萌えを初めとするヲタ要素を無視することなくしっかりと消化した形で作品に取り入れているってことでしょうね。避けることなく真っ正面から挑んでクリアしている辺りが流石です。

バンドが一応の成立を見て、政治的社会的な要素が薄くなった代わりに陰謀系が強くなり、その方が話としては見通しが良くなりました。ミナが自らの素性を隠さなくなり、比較的素直になってきたのもプラス方向に働いています。前半にあった胡散臭さが良い意味で無くなって中身は濃い割にすっきりとした感じになっているように思えます。

それでもまだドロップの君を初めとして伏線は残っているし、敵対組織の目的や正体も不明です。それらは重要な要件なんですが、それが無い事で話が見えないという事も無く、正統な形式の謎になっているので、インチキ臭さは無いし不快感もありません。話がこなれている証拠でしょう。謎というのはこういう形であるのが絶対条件で、単なる謎あるいは謎のための謎なんてものは、ゴミ以下です。と某自称シナリオライターとやらに言ってやりたいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6763-80ffcea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック