Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
天国とは、生きとし生けるものが全員終わりのない眠りに付く世界。なるほど、そうかもしれません。自意識というものを完全に失えば確実に幸福になります。だから宗教は幸福を招くことが可能な訳です。しかしだ、あの館長ときたら、酷いもんです。

元から武装司書なんて存在自体がそうだし、教団の連中にしても完全に超自然な存在。明らかにオカルトなんですが、もうこうなれば何でもありだなという感じです。何事にも限界があるだろって思うんですが、その一線を簡単に踏み越える輩が最近増えてきていて嘆かわしい限りです。神様を出してしまえば何でもありだし、神を殺すものというのは話として魅力的ではありますが、それなら最初から持って回った作り方をしなければ良いと思うんですよね。

ハミュはいつも格好良いですが、作品は最高に格好悪いです。酷く下品で、吐き気がするほどです。まぁ多分に宗教観が入っている作品なので、こういう怪しい話になるのは道理なのかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6774-0f2df8f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック