Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
戦争が始まるプロセスは、個人が個人である事を捨てて国家や軍や、コミュニティに過度に依存し判断を放棄するところから始まります。現実問題として、全体が数人の個人で変化出来るということはなかなかありませんが、方向性としては正しい。勇気ある人間が居たとしても、大多数が馬鹿でしめられればどんな蛮行も正義として実行されます。それが近代民主制の真実です。

数人の力をそれ以上にするには、超が付くような力をもってするのが適切です。そして、今回の話の大きなポイントは、地元住人の反対にあったところがポイントです。しかしながら、現在の某国では、こういうことがあると、積極的に戦争に参加する方でしょう。権威に弱く正義に従順なのが正しいと思っているのだから愚かなことです。

人間が人間らしさを放棄するところから戦争は起きる。空気読めとかそういう適当な言葉を使って一定に価値観に個人を押し込めようとするところにその根源があります。戦争をミクロの視点で見るのは折り香椎行為ですが、戦争の原因はそこにあるのは事実です。

それにしても、やっぱりアメージングストーリーは良いなぁ。何とも言えない感慨があります。その演奏で時間を稼いだという辺りは構成として美しいですが、果たして、現実にはあり得るかというと物語以下の状態なんだろうなぁという気がします。話としては、良くできていたと思いますが、前半と後半の繋がりがやや弱いところが残念です。勿論、リオ編ってことで話の繋がりは一応あるんですが、その時点であまりに戦争の気配が無かったので、ラストエピソードが唐突な感じになってしまったような気がします。隊長さんももう少し描き込んで欲しい対象でしたね。

ですが、全体としては非常に良くできた話だと思います。十分合格点が出せる出来だと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6797-c82a05d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック