Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
なにやら、京アニとシャフトを比較するとかいうのが流行っているらしいです。こういう企画が成立する段階で、なんとまぁ形式傾倒だなぁと感じます。技術以外にまるで見るところが無い京アニと総合力で勝負し、それに勝利し続けているシャフトじゃ赤子の落書きでピカソに挑戦しているようなものです。

シャフト、あるいは新房監督の特徴というと、色使いだとか、カット割りだとか、レイアウトだとか、実写使いだとか挙がることが多いです。まぁそれ自体は確かに特徴ではありますが、どれもこれも全部表面的なものでしかないですね。つまりそれは手段であって目的では無い。

これだけの数の作品をこなし、しかもそのバリエーションから察するに、実は最大の特徴というのは、原作というかシナリオに対する読解力。これが一番だと思います。その作品で一番重要なエッセンスというものを確実に取り出し、自らの引き出しからそれを表現するのに最も適したテンポと手法で映像的な表現に変換する。その見事さがシャフト&新房監督の最大の魅力です。技術を見せたいが為に勘違いな話を8週間も続けるなんてことはシャフト&新房ペアではあり得ない訳です。

ここで自らの引き出しというのがこれまた特徴の一つで、どんな作品を担当しても映像的実験というのをしっかりとやってきます。それは幾つかは成功するし、幾つかは失敗する。その中で良いと思われるものに関しては自らの血肉とし、咀嚼した上で引き出しに仕舞い込む。作品を重ねれば重ねるだけ演出の幅が広がっていくというのが恐ろしいところです。

そして、原作のエッセンスを忠実に掴みとれるだけに、キャラ表現が素晴らしいのもこのペアの特徴です。キャラがノッペラボウでしかない部活アニメを作っているようなところとはここが完全に違うところ。シャフト&新房ペアの作品はその全てにおいて高いキャラ表現性を実現しています。それは月詠から荒川まで共通しています。

勿論原作のカラーによってよりそれが強調されたり、弱められたりしていますが、それぞれの作品に必要十分なレベルのキャラ表現がされています。それは動きがとかでは勿論ありません。あくまでもキャラの人間性の表現がということです。その辺りのパワー感は京アニとの比較よりも似た条件の作品同士を比較した方が判り易いでしょう。例えばひだまりスケッチとGAや生徒会の一存。化物語と刀語。この差がどこから来るのかと考えるとす
げぇと思わざるを得ません。

映像的な美しさに挑戦しているというのもあります。それは化物語に端的に出ていたし、ヴァンパイアバンドにも出ていた。映像作品としての美しさをどう表現するか。という点について常に意識されている。これも新房作品では顕著な特徴とできます。技術を高めればリアルになるのか? 美しくなるのか? というととんでもない話で、それは日本の大手オーディオメーカーが結局ピュアの世界では壊滅的な敗北を喫したというのと同じです。技術では決してカバーできない境界というのがそこには存在しています。

簡単に言うと、京アニ作品というのは工業製品なんですよ。それに対してシャフト作品というのはアートです。工業製品ですから形式美や機能美というのはあったとしてもそれ以上のものは何もないってことです。だから萌えアニメしかまともに作れない。逆に形式しか無い萌えアニメを作ると完璧に見えるってこと。シャフトがそれをやろうとしても、月詠とかぱにぽにとかになっちゃう。それはけいおんやらきすたとは異なるものです。アニメというジャンルに何を求めるかによってどちらを推すかは異なると思いますが、物語の一表現形式である以上、個人的には考えるまでも無いというのが結論です。

じゃあ、なんで比較されちゃったりするのか? それは京アニのクオリティが判り易いからでしょうね。工業作品の場合スペックで判断出来ちゃいますから誰でも簡単にはっきりと判る訳です。そういう方が大衆受けが良い。よってヲタク達にも受けるってことです。まぁそれだけのクオリティをテレビシリーズの予算と時間で制作するコスト管理技術には感服しますが、僕はトヨタの自動車や松下の家電で感動するということはありません。

シャフト&新房が原作クラッシャーなどと言う輩も多いけれど、アホかと。ホント表面上の形式しか見ていないんだなぁと悲しくなります。量の差とか言う間抜けも多いです。なんだよ量って…。量でなんとかなるならこんな簡単なことはありませんよ。こういう風に見ちゃうところが工業製品としてしか見ていない証なんじゃないだろうかという気がします。カタログスペックで判別できるなら楽でいいんでしょうけど、そんなことはありません。

まぁそんなに動くアニメが見たかったら出銭でも痔鰤でも見とけばいんじゃね? みたいな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6945-7603ae7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック