Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
もう6月ということで、徐々に気温も上がってきました。導入が一般化して数年が経ちおなじみになってきましたクールビズが始まります。ネクタイが嫌いな自分にとっては、結構ありがたい部分もあるので、個人的には反対する気は無いです。ですが、これを告知すポスターというかチラシがありまして、そこにはこう書いてありました。

?「ご理解とご協力をお願いします。」

僕はこの言葉が反吐が出るほど嫌いです。この文言を免罪符にして大した説明も無しに不条理なお願いをルールと称して強制するということの横暴さに耐えられません。理解もしていなければ協力をする気も無いのに、それに協力しないと酷い目にあう。こんな理不尽あるでしょうか。これを、多数決的な意味合いでの解決法で、みんなが望んでいるから的な理屈で強要するいう発想が、そもそも数の暴力だと思うし、全体主義的臭いがプンプンします。

Wikipedia等で見ると全体主義の反対に民主主義が入っていますが、それは完全に間違いで、民主主義は全体主義の別名であり、全体主義そのものです。それらで書かれている狭義の全体主義との違いは、ただ単に全体の定義方法が異なるというだけでやっていること何も変わりません。

このご理解とご協力もその良い例で、言って見れば空気読めってことですよね。そこに対象となっている個人の人格や理性や趣向、あるいは個性というものは全く認められていないというのは明らかです。理解と協力を求めておいて、理解や協力が得られないと暴力行に訴える。それじゃ暴力団となにも変わらないですね。

え? 正義の為にやっている? その正義って何? 少なくとも僕はそんな正義承認した記憶は無いですし、承認することも無いでしょう。その正義を認めない相手に対しても正義の名のものとに暴力的行為を以て従わせるってのは、テロリストの理屈と行動原理でしょよ。酷い話だねぇ。テロ国家アメリカの得意技です。

何気に使っている言葉にこそ、イデオロギーが色濃く出ます。現在の日本の常識感覚が如に歪んだものか、というか、民主制とやらの奇妙なカラクリと欺瞞をよくあらわしている言い回しなんじゃないかなという気がします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6950-e2b82878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック