Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
いーねぇ。数十万とも言われる糞役人どもは、全員マリアさんの調教を1年位じっくりと受けることを義務づけるべきでしょう。国交省の公僕の豹変ぶりは、胸をすくような痛快感がありました。まぁ本来なら生かしておく必要も無いんですが、殺してもゴミにしかならないので、それこそ死ぬまで下僕として扱ってやるくらいしないと、元が取れません。本当に公務員ってのはそこらの伝染病要因以下の価値しかない病原体です。

まぁ糞役人が糞だなんてのは、今更言う必要もない真理なので、置くとして、更に痛烈なのがこの自由の世界に対して最後に敵対するのが、国家と資本主義というイデオロギーであるという事実です。狙ってやっているのだとしたら、凄まじいです。

国家の秩序は人間の自由を踏みにじることを主軸に出来上がっているし、ましてや民主制などという全体主義を賛美する体制では絶対に自由な世界など実現できません。資本主義も同様で、価値という数字に全てを置き換える必要性があり、数によって支配される宿命である以上、最終的には悪循環に陥るのは必然であるし、多様性の否定でしか成り立たないという原則から逃れられません。

さぁこのある種壮大な話にどんな決着が付けられるのか、その落し処でかなり作品の評価が大きく変化するんじゃないかという気がします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6978-d8e7c35d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック