Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
AVアンプを買い換えました。SONYのTA-DA5300ESです。何故今更5300なのか? 結論から言うと手頃な値段で程度の良さそうな中古をたまたま見つけたからです。全く計画していなかった。つまり衝動買いですね。HDMI 1.3aに対応しているというのと、その入力が6個あるというのが一番の魅力です。1.4対応機がリリースされるというこの時世にというのもありますが、AVアンプに関してはどうしても最新を追っていくとコストパフォーマンスが悪くて、20万もした機械でも3年後(つまり現在の5300)には半値も付きません。車よりも値落ちが激しいです。映画マニアとかで最新トレンドを追いかける必要でも無い限り、むしろそれを逆手にとって、中古で繋ぐというのが適切かなぁという気がしています。

しかし、考えてみるとSONYのオーディオ機器を使うのって初めてなんですよね。実際に使ってみて改めてその理由が判ったような気がします。話には聞いていましたが良くも悪くも癖が無いというのはなるほどという感じでした。そして、ことオーディオに関しては、それが悪くもの方にかかってしまって、面白みが無いという結論になってしまうわけですね。自分が使ってきた機器は例えばJBLとかラックスマンとかマッキントッシュとか癖の強い機器が多くて、その癖こそが面白みと感じているので、色が薄いSONY機はどうしてもあっさりし過ぎという印象になります。デジタルはともかくアナログ系でSONYはちょっとというのが正直なこれまでのイメージです。じゃあプレーヤーはというと、SONYよりもESOTERICを選ぶよなぁになってしまいます(今はラックスマンですが)。どうしてもオーディオとなると、音の厚みが欲しくなりますからね。

けれど、映像音声という面で捉えるなら、その薄さ、癖の無さは悪くないんじゃないかという気がしました。映像音声の場合主役はあくまでも映像の方ですから、音声があまり自己主張をするのはよろしくないように思えます。DENONからYAMAHAに切り替えた時にもそう思いましたが、SONYにして益々そう感じました。AVアンプの場合はスピーカーはマルチだし、スーパーウーファーは入るしサラウンドはかかるしと、それじゃなくても厚化粧気味になっているので、音質はさっぱりした味付けの方がいいかもしれないんじゃないかと思います。そういう意味で、5300ESの音質面は結構気に入っています。

個人的にはAVアンプの一番重要な機能はセレクターとしての部分だと思っているので、入力系の数が十分であるというのが大事なんですが、その次だと思っているのが、2chソースのサラウンドデコード能力です。なにせ一番多くの時間を2chソースが占める訳ですから、これを如何に旨く処理できるかというのは非常に重要なファクターです。YAMAHAはDSPについては元祖的存在でしたからその部分も力を入れていて、それがSONYに変わってどうかというのを結構心配していたんですが、完全に杞憂でした。

D.C.S.が事の他調子良いです。好みの味付けですね。今のところCinema Studio EX Aを常時使用としようかと思っています。この点あまり触れられていないような気がするのですが、結構大きな要素なんじゃないかと思うんですけどね。まぁもう少し試してみないとだと思いますが、これまで使ってみようと思えるようなサラウンドパターンというのにあまりお目にかかったことが無かったので、新鮮でした。

設定などの操作性がイマイチですが、一度決めてしまえば通常使うのはファンクションとボリューム、それにサラウンド切替程度でしょうから、それらが楽に使えれば実質上問題ありません。テレビの電源などをコントロールするのにいちいちリモコンのテレビファンクションボタンを押さないといけないというのはどうかと思いますが、まぁそれも致命傷ではないでしょう。その分リモコンがスリムになって置き場所は楽になりました。

今回はほとんど使わなくなってしまった機器の接続を全部取っ払って、HDMIで繋がる機器だけに限定してしまったので、恐ろしく配線がすっきりしました。それでもまだまだHDMI入力に余裕があるというのは、心強いですね。パワーについては120Wとやや物足りない感じで、ボリューム位置がかなり高いところを使うことになってしまっているのが不安要素ではありますが、まぁそれ以上上げることが無いなら、用は足りているということで良いんでしょう。音楽映像とかを良く見る人でボリュームを上げたいという要件だとちょっと不満が出るかもしれませんね。味付けがあっさりしているのもあるので、パワーはもう少し欲しいところではあります。

今のところではありますが、総じて好印象です。贅沢を言えばきりがありませんが、結構安く買えたので、お買い得だったかもしれないと思っています。まぁ何年か使って次の要件でまた入れ替えを考えてもいいでしょう。周辺の機器の変更タイミングにも左右されるのでなんともですがアンプはそうそう壊れるようなものでもないですからね。でも、これで次期候補にはSONYも挙げられるなって感じにはなりました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/7046-83a9adcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック