Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
選挙に行かない。というと無責任だというアホが大量に湧きます。参加しないことを無責任というなら、参加したことによる責任はどう取ってくれるんだ? って言いたくなるんですが、選挙に行きさえすればその結果には無責任で居ることはどうやら平気らしいです(爆) そりゃあ数カ月で内閣支持率が二桁も動くわなって納得することしきりです。

棄権も白票も意味が無い。ちゃんと選択してマシと思えるところに入れるべきだとか訳わからんこと言ってる間抜けも居ます。真に受けた真面目な人が多すぎて、万一共産党辺りの弱小野党が第一党にでもなってしまった時に、あんたら責任取れるんだろうね。こういうことを平気で言える奴の無責任ぶり厚顔ぶりには本当に開いた口が塞がりません。っていうかね、そういう奴って自分がマジョリティだっていう確信があるんだろうな。だからこういうことを平気で言える。どうせそんな票は数が集まらないだろうという判断が裏に入っていること見え見えです。少数意見なんて多数派に対する牽制程度に使えれば良いとそう考えているからこういうことが言えるんでしょう。あー嫌だ嫌だ。胸糞が悪くなる傲慢な考え方ですね。

近代民主制の政治屋にとって深刻なダメージを与えるには、対外的に誰がどう見てもこの国の民主制度は崩壊していると理解できる数字を残すことですよ。投票率が1割切った国政選挙が何度か続けば、どんなに強弁したとしても選挙制度の見直しをせざるを得ないと思いますよ。なんだかんだ言っても投票率が4割とか5割とかある内は、民主的手続きを経て承認されたという名分(手続的正義に依る権威の確立)が成立しますからね。そういう言い訳をさせない。制度自体にコミットしないということが重要なファクターな訳です。

そもそもになりますが、考えてみてください。貴方の意見が多数派なら投票になんか行っても行かなくても貴方の意見は採用されます。同時に貴方の意見が少数派なら投票に行っても行かなくても貴方の意見は採用されません。それが数の暴力、多数決というものです。白と黒だけじゃなくて中間だってあるだろって? それで当選した少数派政党が日和って巨大政党と連立。これまでの主義主張はかなぐり捨てて連立ってのをこれまでに何回も見ましたがね。牛歩?そんなもの決定がやや遅れる程度で、所詮決定打にはならないですよね。だって、数こそ正義というのが大前提におかれているんですから、1票でも多ければ結局勝ち、逆に1票でも少なければ負けってことなんですよ。

政治なんて真面目に考えるだけ損です。何故なら大多数の有権者とやらは真面目に政治なんて考えていませんからね。統計的な意味での平均以上に真面目に頑張ったところで馬鹿を見るだけ。それが近代民主制という制度ですよ。まして無記名無責任で政治参加した気になれる訳ですから、真面目になんか考える方が愚か者ってことです。スポーツとかの国際大会の時にだけにわかナショナリストになっているアホ丸出しの連中に何を言っても無駄ってのと同じです。選挙も祭か何かと勘違いしているだけですからね。悲しい限りですが。

その辺を踏まえて現在の選挙というものがどういうものかもう一度冷静に考えてみましょう。サイコロを振って誰に投票するか決めても結果は同じようなもんです。なら誰かが代表でサイコロを振れば十字軍みたいにぞろぞろ投票所まで出向かなくても同じ確率で同じ決定をすることが出来るでしょう。真面目に考えない連中の投票で当選者を決めるなんてその程度のギャンブルと確率的に変わりません。

じゃあ、有権者の大半が真面目に政治を考えて、判断できるだけの知識も有したら?はい、彼らに任せておけば自分が投票に行っても行かなくても適切な判断がされるってことですね。それが近代民主制のジレンマなんですよ。統計的平均値の人(達)の独裁。良く言っても全体主義。それが近代民主制の正体ってことです。みんなが投票で政治参加している気分にさせられているかもしれませんが、その実はその程度のことしか出来ていないってことですよ。そんなものに踊らされて馬鹿丸出しですね。

政治結果に対する責任の所在が曖昧である。その一点だけで僕は近代民主制は賛同に値しないと確実に判断できます。そして予言しましょう。今回の選挙の結果で日本の状況が良くなるということは無いでしょう。近代民主制とその根本となっている資本主義という社会制度に限界が来ているのですから、その上で何をやったところで大きな変化起るはずがありません。茶番以下の自慰行動でしかないでしょう。
スポンサーサイト
FC2テーマ:選挙 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/7051-95fab358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック