Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
この位で収まっていれば可愛らしいという感じでしょうか。オカルトをどう捉えるのか。基本的には否定路線なんだけど、実際には肯定するしかないというスタンス? そこに奇妙な連中がドタバタを絡ませるという感じかな。行動は奇異な割にはキャラの灰汁が弱いので、どうにも薄味な印象になるんですが、それでも基本は押さえていると言う印象はあります。

破綻はしていない。けれど面白くも無いというのが現在の状況で、それはやっぱり背骨となるストーリーの軸がはっきりしていないというところにあるんじゃないでしょうか。世界を滅亡から救う鍵を探すというのが一番の目的なのは判るんですが、どうもそれに対して真面目に取り組んでいないところばかりが描かれているので、緊張感が伝わってこない。進展しているという印象を受けない。

基本的には現代モノと同等の路線だし、そこまで周囲の描写に手間をかける必要は無いと思うんだけど、時間をかけている割にはそれほど世界観が伝わってきている訳でもないし、キャラの厚みが増している訳でもない。つまり冗長なんだと思うね。工夫が欲しいところです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/7119-538d6088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「3年2組の学園祭の出し物、“ロミオとジュリエット”のロミオ役は、秋山澪さんに決定しました」
2010/08/07(土) 10:31:10 | 本隆侍照久の館