Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
この作品のポイントは、攻略そのものがゲームになっているという事。だから、ミステリー仕立てになってる。最終的に出された答えが見ている側の想像を超えるものであればあるほど驚きが増すという仕組みになっています。

それだけに、解決編に入るまでというのは難しい。ミステリーにするが為に露骨な表現は出来ない。けれど回答が出た時に納得をさせる程度の伏線を張らなければならない。その辺りが通常の恋愛モノと異なっていて、必然的に描き方も変わってきてしまう。

では、今回について旨くいったかというと、どうもそうは思えない。まず、この仕組みのおかげでキャラのカラーが変に濃くなってしまっていて、それでいて関係性は形式的にしか進展していない。それも解決編で答えを出したときにクライマックスを持って行くために仕組まれていることなんだけれど、だから、ヒロインがちっとも可愛くない。

そもそも学校の友達とは違って相手が芸能人であるが故に接点そのものやその方法が限定されてしまっているので、バリエーションが無い。この結論がなんだったのかはもう忘れてしまったけれど、ここまでの伏線が旨く張れているという風には感じられない。というか、これまでもあっさりしすぎていてそういう印象があった。初回の攻略は初回だからだろうと思っていましたが、今回もとなると連続。漫画で読んだときはそれ程違和感を感じなかったから、これはアニメ制作側の手落ちだと思う。

マルチヒロインものって言うほど簡単じゃないと思うんですよね。時間的制限がかなり厳しくなってしまいますから。作品の性質上そういう構成が必須となるので、旨く処理しないと、毎度こんな感じという事になってしまうかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/7349-de5c644e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ここにいるよ―
2010/11/17(水) 18:01:45 | wendyの旅路
私の歌なんて誰も聞いていないと、透明になってしまうかのん。
2010/11/17(水) 14:27:00 | アニメ雑記帳