Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
良い感じに纏まりました。歩鳥の間抜けな感じも出ていたし、何よりも死んでしまっても淡々としている辺りもらしい感じでした。サブタイがそれでも町は廻っているですから、人一人死んだとしてもって感じになりそうなんですが、実はそうでもないってところが一癖あって良いです。

これってすなわち視点の違いって奴で、当人とその近辺で見てしまえば人が一人死ぬってことはそりゃあ大変なことなんですが、だとしてもそれ以外の人からすればそんな事は関係無いそんなことあろうが無かろうが町は回るってことになります。

つまりそれってどちらも正しい訳なんですが、そもそもがこの作品自体が非常にローカルな世界観で構成されていたので、そういう結論が非常に納得できる。お馬鹿で人騒がせな娘が死んだと言う時に周囲の人間が何故そういう感情を持つのかも理解出来る程度に仕上がっているというのがキャラが良くできていたという証拠でしょう。

それだけにこれで終わってしまうのはちょっと残念な気がします。ただいつか2期やるかもしれませんけどね。そうなるとすれば楽しみに出来そうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/7447-b26fe332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「それでも町は廻っている」の12話は、最終回で歩鳥の臨死体験です。
2011/01/09(日) 21:01:36 | ホビーに萌える魂
ぐるぐる廻る―
2010/12/27(月) 20:10:52 | wendyの旅路