Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
SUUNTOのM4が届きました。使ってみると、これは便利だと思うんですが、レビューを探してみるとこれまたほとんどないという状態。普段から運動をやり馴れている人には心拍計の機能なんて知ってて当然なのかもしれませんが、これからと言う人には参考になるんじゃないかと思って、数日しか使っていませんが、レビューしてみます。

簡単に言うと心拍計。実際にはそれ程単純なものでは無くて、結構複雑な事が出来ます。ユニットは胴体に巻く心拍計とそれをワイヤレス送信する送信機。そして送信先は腕時計という構成。受信機の方はきちんと時計としての機能も備わっています。

M4のポイントというのは、単に心拍が測れるというだけでは無くて、トレーナー機能があると言う点。トレーナー機能とは何かというと、目標値を設定するとその目標に向けて、どの日にどの程度の運動をすればいいかを計算してくれるという機能。目標値は体力値(fitness)と体重のどちらかが設定できます。勿論、フリーも選択できますが、それは何も指示してくれないので面白くない。きちんと設定すれば1週間先までのプログラム、ちゃんと休息日まで含めて算出してくれます。

勿論リアルタイムの心拍表示はしますし、心拍ベースのカロリー計算もしてくれます。運動強度の指定、現在行っている運動が目標に対して高いか低いかも表示してくれるし、目標に対して現在どの程度の達成度かも出してくれるというなかなかの優れものです。

そのきちんと設定のきちんとというのはどの程度か。これだけの計算をする訳ですから設定する項目は結構あります。年齢、体重、ここまではまぁ問題無いんですが、安静時心拍数と最大心拍数も入れなければなりません。そんなものしらねーよって感じですが、そこはそれマニュアルに計測の仕方が書いてあるので測って入力しろってことらしいです。最大心拍数は計算値で出すやり方もあるようです。っていうかそれもやってくれるんですけどね。

更に面倒なのが、現在の自分のレベルがどの程度なのかの設定。目安はマニュアルに書いてあるんだけど漠然としていて判り辛い。そこで実際に運動してテストするという機能が付いています。これは便利なんですが、指定の運動をする必要があります。指定の運動とは… 1.6kmを速足で歩きなさいというもの。これは面倒。そもそも1.6kを測らなければならない。行ったら帰ってこないとだから800mの距離を見ないとでしょうね。まぁ適当にやってもトレーナー機能が適当になるだけなんだと思いますが、折角だからと思うとやりたくなりますよね。ちなみに手動設定も可能です。

ってことでこれだけやると色々と教えてくれます。全般的に控えめの指示がでるようなのでややオーバーワーク気味にした方が良いと言う話もありますが、目途にはなります。それと正規品を買ったんで日本語マニュアルが付いてましたが結構適当です。つか、後から英文マニュアル見るとかなり省略されていることが判ります。ネットにpdfが落ちている英文マニュアルも合わせてみると、なるほどと思うことが出てくるように思えます。

カロリー計算についてはユアシェイプ上に表示されるものとかなり異なる数字が出ます。どちらが正確なのかは判りませんが、そもそも運動でカロリーを消費しようと考えると虚しくなって運動を止めたくなるので、個人的にはそれほど気にしていません。全般SUUNTOの方が多めに出ますね。

最後に外見ですが、これは最低限はクリアしていると思うもののチャチです。軽さを求める必要があるし体を動かす前提なので動かないような状態にする必要もありますからある程度は仕方ないのですが、例えばガラスやボタンはもう少しなんとかして欲しいと思うレベル。運動内容によってはもう少し通常の腕時計的なものでも大丈夫な場合もあるでしょうから、普段からできるようなデザインと出来のバリエーションも欲しいところ。液晶も見やすいとは言えないレベル。バックライトも付いていますが、心拍計即時は点滅状態になってしまったりするので、夜のウォーキングとかだと見やすいとは必ずしも言えない感じ。もう少し高くなっても良いから高級感を演出できるようなものにして欲しいなぁという気がします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/7489-56d6df4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック