Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
うわ、かったるい。前回までは初回エピソードだからなのかと保留にしてきましたが、今回に至ってもこの調子となると、やっぱり駄目なのかという疑いが濃厚になってきます。設定として鍵となっているのが幼いと言えるような少女で、しかも基本的に図書館から出ることが出来ないとなっていますから、どうしても推理の切れに頼らざるを得ないことになる。それを作りだそうとしているという気持ちは判るんですが、流石に無理がありすぎます。

金髪の件はほとんど当てずっぽうとしか思えないし、扉を開けてすぐに倒れ込んだから生きたまま閉じ込められたというのも胡散臭い。だって死ぬような状況というか死ぬまで扉をたたき続けるような事はまずしませんよ。だから、普通は休めるような場所で死んでいるでしょう。開けたとたんに倒れ込むってことは死んだ状態でそのように放置されたと考える方がしぜんなんじゃね?

となると、その昔の少女の犯行説事態が成立しない。根本部分が脆弱な根拠になりたっているなんてミステリーとしては既に失敗と言う気がします。いや実際前回までの話でもそういう部分は散見されていて、そこがもの凄く鼻についたんですが、今回はそれ以上です。

もう、そうなってしまうとビクトリアちゃん可愛いねとかそういう風にも思えなくなってしまいます。ひょっとしたら事件とか推理なんてものはおまけでしかない萌アニメってだけなのかもしれないんですが、そういう部分が気になってしまう性分なので、こればっかりは仕方ありません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/7508-677a36a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
久城、紅茶を淹れなさい(´-ω-`)
2011/02/01(火) 19:46:22 | てるてる天使
事件の始まりと新たなキャラと新たな恋の始まりと、混沌の欠片が散りばめられていく新たな展開の予感。
2011/01/30(日) 21:28:05 | 所詮、すべては戯言なんだよ