FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
この手の誤解は僅かな会話で解決できるという、大抵のドラマではほぼ省略される過程の話。これが無いから興醒めして恋愛モノとか見る気が失せるんですよね。憶測が憶測を呼び起こすってのが、典型的なパターンです。

先生ネタは、もうこの作品のクライマックスなんで、かなり丁寧に描いているように思えるんですが、さすがにそれだけに終始されると、かったるいって感じですね。初音さんのスーパーガールタイムは一応ありましたが、お色気シーンも少なかったし、恋愛の機微を堪能するってタイプの作品には思えないしなぁ。

作品の位置付けとして、どこにアクセントを付けるのか難しいんだろうな。まず作品企画ありきで作らなきゃとなると、厳しいんだろうなという感じがにじみ出ているような気がします。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/874-89040f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 勇治が引っ越した日。香月は勇治に手紙を書いていた。 別れの直前に、渡そうとした手紙……
2006/09/21(木) 17:25:01 | 移り気な実況民の日々