FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
山田祥平のRe:config.sys 脱ビットレート

非可逆圧縮の原点は、人間が知覚できないのなら省略してもかまわないだろうという発想にある。これは、言い換えると、知覚できても許容範囲ならよしとしようということでもある。危険なのは、その許容範囲の上限がどんどん下がってしまうことだ。


という話。ごもっともな話です。で行き着くところは、

化学調味料のうまみに慣れきった舌が、煮干しやカツオで丹精込めてとった出汁に、なんとなく物足りなさを感じるようなことが、今後、起こりはしないのだろうか。


別に疑問文にしなくても問題無い。確実にそうなっている。ならない方がおかしい。これは逆にも言えて、オーディオで言うなら、良い音を聞き慣れているとちょっとでもクオリティが下がると途端に気分が悪くなるという現象が起こります。

しかしながら、当の御本人も

これまで96kbpsのCBRだったリッピングのレートを128kbpsのVBRにした


96k? 個人的にはあり得ない。どんなフォーマットでも128k以下にすることはまず無い。最低でも192kは欲しいという気がしています。その程度のレートが普通なの? 実は昨日試しにと思ってW43SにATRACでデータを流しましたが、それも132kにしました。勿論電話に過度な音質なんて求めていませんが、それでもやっぱり96kとかにする気にはなれなかったです。

当然ですが、真面目に聞くタイプの音楽は、絶対にCD-DAを(CD-Rじゃなく)入手するし、そもそも基本的に圧縮しない。発売されていればSACDを選択するし、CD-DAで持っていたものでもSACDで買い直したものもあります。

まぁどんなに高音質な音源を用意したところで、再生環境が整っていなければ無意味です。iPodを音質面でまともに試聴したことがないのですが、少なくともあの標準ヘッドフォンで聴いている内は話にならないでしょう。

で、なんでそんなビットレートを使う必要があるのかというと、結局は曲数を稼ぐためらしい。

2万曲が入っている80GBのiPodには、ロスレスでは3,000曲くらいしか入らない


2万曲って…、そんなに入れてどうするんだろ? 僕のWalkmanには1000数百曲位入っていたような気がしますが、それでもかなり持て余します。どうせバッテリーで動くものなんだから、そんなに聞き続けられる訳でもないでしょう。外出時間がどの程度あるのかわかりませんけど、普通の人なら一通り聞くのに何年かかるんですかね? 聞かないものなら入れても意味がないと思うんですが。僕も最初は余計なものまで結構入れましたが、聞かないと判ったものは順次消してしまっているし。

家の中でもiPodを使って聞いているってことか? まぁ職業がライターとかならそれもあるんでしょうけど…、サラリーマンなんて家に帰ってまでそんなに音楽とか聞くわけ? テレビでも見てるんじゃないのかね。BGMでよければいっそのこと有線かスカパーのラジオ辺りに加入してしまう方が良いような気もします。僕も一時期やったことあるけど、結局使わなくなって止めてしまいましたが。

まぁ、無闇な便利さを求めていると、音楽を聞く能力がどんどん減退していくってことでしょうね。多分相当な割合の日本人は既にそうなっているように思えますから、今更って感じがします。ただ、iPodがそれを加速度的に進行させているってのは間違いない事実でしょうね。山田氏はこのコラムのシリーズを読んでも、良識派だと思うし、アナログ的な良さをよく考えておられる方ですが、それでもこの状態ですから、普通の人達がどうなっているのか考えると、卒倒しそうになります。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/904-3e57e0a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック