FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
一応綺麗に纏まってます。積み残しはありません。けれど、ウィッチブレイドとはなんなのかとかの謎は無視の方向だし、作品として結局描きたかったことはなんなのかという部分も曖昧だったように感じます。

全体として淡泊かなって気がします。キャラクターにしても生きていたのはほんの一握りで、それ以外は存在感が薄くなってしまっていました。マリアなんてなんのために出てきたのか全く判らないって感じで、これなら玲奈で最後まで行った方が話が膨らんだかもとか思ってしまいます。

最後のアイウェポンの暴走話は正直余計だったかなって感じがします。しっかりとマリアと対峙するなり、ウィッチブレイドに対峙するなりって方向の方が良かったかもと感じます。雅音さんが一人で納得して終わってしまったって印象が残りますね。

無理のない終わり方だったので、その分消化しきれなかった部分が残ったというところでしょうか。65点って辺りでしょうかね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/914-194702e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック