FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
大学生の自殺は教授の重圧、停職1カ月

「言葉がきついことがある」ってことらしいですが、一体どんなことを言ったんでしょうねぇ。興味があるところです。遊んでばかりいたから、「卒業させないからな」と言われたとかそんな程度じゃないでしょうねぇ?

何れにしても自殺の原因を他人に押し付けるという発想は感心しません。殺人の原因は他人に転嫁可能だと思いますが、自殺の原因を他人には転嫁できないと考えています。ましてや大学生となれば、未だ社会的無責任状態な訳でなおさらです。教授に何を言われたとしても、それで死ぬ程度の奴は、どうせそれなりでしかなかったとしか僕には思えません。自殺したい奴なんか、止める必要は全く感じません。どんどん死んでもらった方がいいでしょう。他人様の迷惑にならないようにという前提付ですが。

大体、そんなこと言い出したら、他人に何も言えなくなっちゃいますよ。

追記
----------
猫山013からTBを頂きました。

なるほど、5?14歳などの年齢であれば、確かに一概に自殺した側に全面的な責任があるとは言い切れないかもしれません。謹んで訂正させていただきます。

ただし、例え小さい子供であったとしても、安易に死を選ぶという選択をするのでは無く、解決をしようという気概は欲しいものですが。これは教わる類のものではないように思えます。

また、自殺した責任を本人以外が追求する場合、例えば親が学校や教師に責任を転嫁する場合となると、話はちょっと微妙になるかもしれませんね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/927-0260821d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
※記事内の文章を額面通りに解釈しています。「自殺の責任」という記事を読んで…。「相変わらず凄い事を述べてるなぁ(汗)」
2006/09/25(月) 19:27:12 | nekoyama01-blog