FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
埼玉の2児死亡事故、3児なお重体 容疑者「脇見した」

この手の事故は痛ましいです。しかし、これを撲滅するというのは非常に困難でしょう。

まず真っ先に出てくるのが、携帯電話の例に典型的に見られるような、規制しろという短絡的な発想。何をどこまで禁止するのか? 携帯は駄目、オーディオは駄目。その次はナビも駄目、エアコンも駄目、煙草も駄目、飲食も駄目、おしゃべりも駄目、って駄目駄目にするんですかね? 車を運転するときは、空港さながら検査機を通して不審物を持ち込んでいないかを確認の上、なんのスイッチも無いような車に一人で乗ってくださいって感じですか?

一つ言える大きな問題は、運転免許がほぼ誰にでも発行されるという仕組みにあることは確実です。教習所で多少の変動があるにせよ、時間と費用を十分にかければ、100%にかなり近い確率で免許は交付されます。けれど、車の運転はそんなに簡単なものではありません。特殊技能に類するものです。一度に複数の事を並列で処理する能力、突発的な事態に適切に対応する能力、周囲の情報を的確に把握する能力、それ以外にもまだあるかも知れませんが、そういった能力を相応なレベルで必要とします。その免許が、希望する人のほぼ全員に与えられるという制度は狂っているとしか思えません。ナイフを一本所持しているだけで逮捕されるようなご時世に、車という凶器を誰でも公然と扱ってるというのでは、はっきり言って基準をどこに持ってきているのかわからなくなります。

じゃあ免許制度を適切に改めれば良いのかというと、確かに事故自体は激減するでしょう。しかし、完全に無くすことは出来ないと思われます。人間は一定の割合でミスをおかすものだからです。じゃあどうすればいいのか? もう自動運転しか手はないでしょう。機械だって完全じゃないだろうし、時には故障もするかもしれません。けれど、運転を人間の手にまかせているよりは、この手の事故のが起こる確率は相当低いもの、基本的には無いというレベルにまですることは可能だと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/932-f75f5fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック