FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
小林被告の判決主文後回し 奈良女児誘拐殺害事件

これに対し、弁護側は同月26日の最終弁論で、「殺害に計画性はなく、死刑を選択するまでの凶悪性はない。殺害後の行為も精神的な混乱などが原因」と反論。幼少期からの不遇な成育環境が人格形成に影響を与えたと推察した情状鑑定を根拠に、「被告の責任は減殺されるべきだ。それなりの反省は見え、矯正できる」と死刑の回避を求めていた。


またこれですか、本気で言っているのかどうか判りませんが、弁護士というのも因果な商売ですなぁ。計画性が無い方が、計画的なものより予測不可能なだけに余程恐ろしいです。あれだけのことをしておいて精神的な錯乱を主張できるなら、精神疾患患者等の監視体制を考えないといけませんなぁ。成育環境の問題が原因というなら、成育環境の根本的な見直し、つまり家族制度の見直しをしないとでしょうなぁ。それ無しに、犯罪者の酌量だけを主張されたんじゃ片手落ちでしょう。

個人的には死刑には反対(人道的見地からではなく、殺してもなんの役にも立たないからだが)なんですが、問題は、そうしないと出所してくる可能性が少なくないということ。終身刑とか、懲役数百年のような寿命よりも遙かに長い刑期の規定がない限り、無期懲役なんてのは形式的なものでしかないです。

つまるところ、現状の法規の中でという前提で言うなら、もうこういう奴は、他に使い道はないから、せめて害にならないようにしましょうという方向、すなわち死刑にするしかないでしょうね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/933-1a4c7b76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック