FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
WOWOWで太陽の黙示録というアニメを放送しました。かわぐちかいじ原作の作品です。ずっと録画したままで放っておいたのですが、やっと前半だけ見ました。大地震から始まる物語です。最後まで見ていないので作品の主旨はまだ判りませんが、そこに描かれている様々な状態。極限状態に人が追い込まれるとどうなるか、それを良く表していると思います。見ていないようでしたら、アニメでも原作でも一度読まれてみては如何でしょう(多分アニメは原作通りだと思うから)。

そこで、描かれているのは、日本、アメリカ、中国、台湾、それぞれの国と、その国民の国家主義的エゴです。国家とはなんなのか? 国を愛するということ、国に所属するという意識が時にどれほど汚い考え方や行動に繋がるのか。とても考えさせられます。

勿論、自分が今、現状暮らしている国ですから、嫌いになれとは言いません。しかし、日本を溺愛することになれば、それは即相手を憎むという発想に繋がります。その一点だけを見ても、偏った教育は避けなければならないと理解できるのではないでしょうか。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/937-ac153e6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック