Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
涼宮ハルヒが起こしたYouTubeの憂鬱、ネットマーケティングの大成功例。

なるほど、鋭い見解だと思います。この中にも一部表われていますが、結局市場が求めているものは、

単純の連続であって、複雑ではない。

ということになるんだと思います。つまり、質より量こそが勝利ということなんでしょう。ハルヒの解説を詳細にやってくれているサイトもあるので、見てみると感じますが、非常に小さなそして単純で個別なものの積み上げで構成されていると言うことが良く判ります。この単純なものというのが重要で、資本主義的原則である「より多くのマスを獲得することが重要」という要件を満たすのに非常に適しています。オタクというのは、最も典型的な大衆ですから、その動きを見ていると資本主義的価値の変動の仕組みがよく表われています。

ただ、忘れて欲しくないのは、ビジネス的な成功と作品の質は必ずしも相関関係にある訳ではないということ。その典型的な例がエヴァンゲリオンです。アレの生み出した利益は莫大だったでしょうが、作品としてはゴミ以下です。まぁハルヒは(恐らく)エヴァなんかとは比べものにならない程良くできた作品だとは思います。でも、ハルヒは「売れたから良い作品」な訳ではありません。また「良い作品だから売れた」訳でもないです。

って、こんな事言っても所詮「負け犬の遠吠え」にしかならないかもしれませんけどね(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/95-cea25e02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 「涼宮ハルヒの憂鬱」の口コミの広がりというのをちょいと考察してみました。(涼宮
2006/11/12(日) 21:06:10 | おいらブログ