FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
かけはなれた理論値

PCのパフォーマンスを語る上で、ディスクが最も遅く、重要なファクターであるなんてことは何も最近のことではありません。かなり前から確実にその傾向はありました。それだけにRAIDにしてみたり、要もないのに高容量で高速と言われるディスクに交換してみたりと、最も頻繁に買い換えを行うパーツがディスクです。

少し前のもの、例えば80Gとかの頃と比べれば、確かに速くなってはいるのでしょうが、ここで書かれている通り要求の方の増加について行けてないというのが現状でしょう。これを解決する画期的な技術や方法があればいいのでしょうが、実際にはなかなか無いというのが実際なんでしょうね。記憶装置としては、安全性も確保しなければならないし。

メモリ関係が大分安くなってきたのだから、大容量のキャッシュでも乗せれば少しは違うのかも知れませんが、所詮キャッシュはキャッシュで、限界がすぐに見えるでしょう。でも、それぐらいしかなさそうだな。RAID-10とかにしたところで、今の数倍が限界だろうし。

容量を犠牲にしてでもとにかく速度を追求しましたって感じのHDDとかも出てきて良いと思うんですけどね。HDDベンダーはどこも厳しそうだし、横並びの同じような製品ばかりで、もうブランドイメージぐらいでしかメーカーを選べなくなってきている状態ですから、どこかが飛び出して、とんがったモノでも出して欲しいですね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/954-e586bb78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック