FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
親王誕生フィーバーで見えた日本人のいい加減さ

ま、日本人がいい加減なんて話は、分かり切っているので話しても面白くないですから割愛します。気になるのは天皇制についての言及です。

現在の憲法や法律では、天皇を法のなかに入れて規定している。しかし、天皇とは、本来、そういう性質のものではない。自然の憲法、自然の法律ともいえる慣習のなかで、2000年くらい続いてきたものなのだ。だからわたしは、天皇を憲法や皇室典範で定めるのはよくないと思っている。天皇は法律の外に置かれる存在だといのうが「新・国富論」(講談社)以来のわたしの基本的な考えだ。


ちなみに、怪しそうなので事前にお断りしておきますが、2000年続こうが、1万年と2000年前から続こうが、そんなものは天皇制を正当化するなんの理由にもなりはしません。ただ続いてきたという理由だけで権威付けする行為には反吐がでるし、仮に過去に偉大な天皇が居たとしてもそれは今後の天皇になんの保証を与えるものでも無いです。

えっと、新・国富論とやらを読んでいないので、これだけだと良く判らないのですが、要は法的に規定しないってことは、あくまでも慣習としてだけ残すってことですかね? あくまでも歴史ある家柄の一つとして認識するって理解でいいなら大いに賛成です。

いや、是非そうして頂きたい。法的に規定されないのなら、税金で彼らを養う必要も無いし、跡目争いなんて、彼らの中だけで勝手にやってもらえば良いだけのことになります。言ってみればほぼ全ての国民は彼らと無関係になるということです。素晴しいことだと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/998-091e0b92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック