FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
過去の因縁パターンですか。なんかそういうのが多いなぁ。しかも唐突にそういう設定が出てくる。まぁこの際この作品に整合性を求めても仕方ないかもしれませんが。能登にしても、変人ってのは判りますけど、いきなりトラウマがありますとかってもってこられても、ちょっとなぁという気がする。無理無理な感じですね。なんか、そういうのが無いとキャラとして駄目だ的な風潮があるようなので、取って付けたってことなんでしょう。

で、感動のお別れをした風子も何気に出てきてるし… もう何でもアリだなこれ。
能登編。徹底的な天然なので、見ていて楽しい部分はあります。どう見ても幼児化していて、幼稚園児並みの情緒しか獲得していない。風子は小学生程度だったから、更に退行した感じ。今のところ天才児の本領は発揮していないけど、その内天才児ネタも出てくるんでしょう。

風子の時もそうでしたけど、お子様レベルなのでキャラとしては理解しやすい。よく言えば純粋、悪く言えば単純。話を展開させやすく判りやすい代わりに、キャラとしての深みの部分は皆無。設定で逃げるしかない。だから風子の場合も設定が奇妙になってる。通常設定が奇妙になると、周囲のキャラがついて行けなくなるなるんだけど、それをすると話が成立しなくなるので、周囲のキャラもそれを許容するべく異常にならざるを得ない。

かくして、こういう作品が出来上がるってことなんじゃないだろうか。能登でどの位引っ張るのか判らないけど、これって2クールやるんですかね? だとすれば、もう何人かは話を作れそう。ただ、それを本筋に繋げるつもりがあるのかは謎。能登は最終的に演劇部に入れば一応落ち着くのかもしれないけど、既に風子編が浮いている。朋也を中心に据えて彼の変化という視点で見ても、渚にするにしても、少しテーマが見え辛い。

単純な萌アニメですから、というのであればまぁそれでも良いんだけど、何れにしてもそろそろ方向性をはっきりとさせて欲しいかなという気がします。
えらい綺麗に纏まってます。そりゃあ当たり前のことで、設定がアリアリですから、纏まらない方がおかしい。そのまま感動でした。ってしてしまえば終わりですが、真面目に考えると?マークが10個位は平気で並びます。まぁそういうものなのかもしれないな。お伽話の一種だとでも思えば納得できるかもしれない。桃や竹から人が生まれる訳がねーだろって突っ込んでも、意味がないのと同じです。風子ちゃんはそれなりに可愛かったしな。

次からは能登の回らしい。さて、どんな話になるんだろう。お伽話となれば、想定をする方が愚かなんで、何も考えないってのが一番でしょうね。
CLANNADは女が見てはいけなかった

頭が良いとか悪いとか言うよりもむしろ変人ってことなんですね。だから、あれでも天才少女は成立するわけです。で、なんでそうなるかというと、それがキャラ性だと彼らはおもっているから。ついでに言うと、それが萌えの記号化の行き着く姿ってことなんじゃないでしょうか。結局もう、普通の枠じゃキャラ性にならないほど落ちたってことなんですよ。そういう意味で究極系。

で、大抵の萌えアニメってのはそれをベースにして描かれているんですが、にも関わらず、物語の方は普通に進むので、異常さが全く緩和されないわけです。ちょっと語弊があるかもだけど、嘘を嘘で塗り固めてるような感じ。だから、基本的に萌えアニメ≒駄作ってのは、この間までは個人的には確定事項でした。

でも、efを見てちょっと考えを改めないとかなと思い始めました。構成と演出、そしてシナリオを工夫すれば、元ネタが萌え系でも結構見られるものになるんだなぁと思ってしまっています。ただ、萌えヲタからすると、efは既に萌えアニメじゃないのかもしれませんけど(笑) それに、千尋ネタとみやこネタのギャップが気になってます。あれってどこまでがアニメオリジナルなのか、興味深いです。
1話見逃しているからかもしれないんだけど、風子ちゃんってのは、そもそも存在が定位していないのだから、その存在が消えるということがどの程度重要なのか良く判らない。というか、実体があるのが判っているんだから、実体をなんとかするという方向に考えるべきで、あそこまで生き霊が存在感を持っているという時点で、それが原因で実体が目を醒まさないんじゃないかという気がするんだが違うんだろうか。

実体に会いに行くと、生き霊が見えなくなってしまうという設定は良しとしても、風子ちゃんに対する記憶そのものが消えるというのはどうなんだろ。風子ちゃんって一体何者なんですかって事になってしまうような気がする。勿論アニメだし、物語ですから、そういう設定なんですと言われれば、そうなんですかと言うしかないんですが、それにしてもリアリティの欠片もない話になっちゃうんじゃないでしょうか。

風子ちゃんの存在が定位していないのに、それを中心に話が進んで、しかもその存在をテーマにしているので、話が空中でフラフラ浮いているような不安定さを感じます。見ていてなんとなく気持ちが悪い。当然ですが、渚や朋也の行動も微妙にというか、かなりずれているように感じる。見ているこちら側が全く理解出来ない原理を読み透かしたような行動をするからで、本来であれば彼らだってその設定は理解できていないという前提で行動するはずなのに、そうしているようには到底見えない。だから変人の集まりに見える。

物語の構成が混乱して居るんじゃないかって気がするんですが、そんなこと無いんでしょうか。
風子ちゃんって生き霊だったのか。見逃した一話にそのネタが入ってたんだな。なんか妙だなとは思ったんだけど、これでやっと話が繋がりました。しかし、やけに自己主張の強い生き霊ではある。いや、普通の人には見えていないんだから、そんな訳でもないのか。

で、見える人と見えない人の差は一体何なのかってところが気になるところではあるんだが、まぁそういう部分を考えても無意味なのかもしれない。いやしかし、生き霊なら生き霊らしいところをもう少し見せて欲しいものです。

もうこのパターンは、彼女が目覚めるか、死ぬかの二択な訳なんですけど、どうなんだろ、個々まで引っ張るなら目覚めるパターンもあり得る気がするが、逆に実在感バリバリなところを見ると、死亡パターンもあるかもしれない。

けど、何れにしても本筋とは違う話というような気がするんだけど、これだけ話数をかけているということは、これも本筋の一つってことなんだろうな。彼女の問題が片付いた後にどうやって元の路線に戻るのか、それが楽しみだったりします。いや、堂々と何もなかったかのように戻るって可能性もありますけど。
一話見逃したら、全然話が変わっていて驚きました。けど、キャラの方は相変わらず変人の集まり。ただし、馴れ合い度は格段に上がっています。とりあえず、ヒトデ少女の話を片付けようという展開になっているらしく、そっちの話。

どんなことでも、熱意をもって継続すれば報われるってことなんでしょうか。まぁ間違っているとは言いませんがね。お姉ちゃんが来て報われると思ったら、視界から完全に消えてるってのはどうなんだろ、そういうのってアリなんだろうか。ちょっち微妙。

まぁ恐らく結果はどうあれ、決着がついて、彼女的には満足した上で恩返しにって展開なんでしょうか。今のところ特に怪しげな設定とか見えてこないんですが、意外に素直に展開するのかな?
とりあえず、バラバラだったキャラが少しずつ接点を持ち始めました。そこは素直に喜ばしい。ま、それがないと作品として成立しませんが。ともかく変な連中の集合体なんで、会話が成立しないというのでデフォルト。作為的に演劇に向く性質の連中が集まっている気がするけど、そこはそれ言わないことがお約束と言うことにしておきましょう。

いかにもとってつけたようなという感じがあからさまな気がしますが、もうこの際そういう細かい(?)部分は全部考えない事にして、純粋にどうなるのかを待つことにしましょう。それがこの手のアニメの唯一無二の楽しみ方何じゃないかという気がしてきました。
まぁ流れとしては判らないでもないんですが、せめてもう少しテンポアップ出来ないものだろうか。ヒロインが完璧なボケキャラだから、その辺り難しいってのは判るんだけど、それならそれでもう少し周辺で動きを付けるとか、何か工夫が欲しい。単調な感じが否めません。

二ノ宮の不幸っぷりも結構凄いんですが、その割には楽しめない部分があります。キャラを少なめにしているんですが、元々キャラ性が薄くて極端な色付けがされているパターンなので、かえってバリエーションが無くなってしまっています。

どうしたら良いんだろうなぁ。大事件か何かを起こす方向が良いと思うんだけど、ある程度キャラの立ち位置をはっきりさせた後じゃないと、それも浮いてしまう気がする。う?ん、厳しいかもなぁ。
とりあえず、未だに変な人達が変な行動をしているアニメという印象が続いてます。で、最初のロボット話と本編が全く繋がらないし、繋がる気配も無いってのは、なんだんだろ。それが最後のネタってことなのか? 単なる比喩的なものなのか? キャラが見分けられないのが困りもので、一体今総勢何人のキャラが出てきているのかも判らない状態です。まぁ行動は特徴的なので、動き出せば何となく判らないでもないんだけど…。

予告を見ると、ひょっとしてみんなで演劇部を作りましょうみたいな話なのか? まぁあれだけ妙な連中が集まれば、なんか変なことが出来るかもしれないな。それ以外には特に話の進展に繋がるような要素も見あたらないんだけど、何かありました?
う?ん、馬鹿馬鹿しい。あまりに馬鹿馬鹿しくて、これもアリかなって気になってきました。突っ込みどころが満載過ぎて、考えることも馬鹿馬鹿しくなるくらいです。こうなると、もうキャラを見るしか無いってことになって、ある意味萌えを堪能できます。

真由の天然エロと、麗華の後天的エロを堪能しつつ、二ノ宮くんの寸止めを堪能するというそういう作品。というか、それ以外に見るところがない。変にキャラを増やしていないところと、荒唐無稽な設定によって救われているという感じがします。

作品のトーンが全体的に明るいのも好感触。変にウジウジしたり鬱入ったりするされると、どうしても話やキャラを追ってしまうので、その部分の大穴が益々大きく目立ってしまいます。ハナから隠していなければ、そういうものだという前提で見るので、それもアリかな(笑)

ま、ギリギリではあるけど。
異常キャラと異常言動のオンパレード。よくぞこ
こまでって位の酷さ。まともな作品だと思うと、それこそ吐き気がするくらいムカつくけど、異常さを楽しむものなんだと割り切れば、笑えるかもしれない。エロゲー特有の女性キャラの多さも無理無理で話の展開も既に成立していない。つか、話作る気はハナから無いのかもしれない。そういう意味なら潔さを感じるけど、まさかまもとに作ってるつもりってことは無いよね?

ある種のギャグマンガだと思えばそれなり?
萌えアニメってのは、この位思い切った方が僕はいいと思いますね。変に真面目ぶったりするより徹底していた方が良いし、お気楽極楽の感じの方が好みです。そういう意味ではいきなりインパクトがあって好みだったりします。エロも適当に入っているし、良い感じです。

しかし、特異体質って名目で何でもアリだな最近と思ったら、サキュバス? でも体質だけで実は人間? 微妙な設定だなぁそら。頭にモリガンみたいなものが付いていた時から怪しいとは思っていましたが。しかも無防備で天然ってかなり究極かもしれない。

で、さらにもう一人ってなかなか凄い。この位吹っ飛んだ設定の方が判りやすくて良いかもしれない。どたばたコメディとして楽しめればそれなりになるかもしれません。
う?ん、エロゲーって感じの設定。キャラの色づけがまさにって感じです。一つだけ突っ込みたいのは、幼い頃に母を無くして、親父が飲んだくれで仕事もしないのに、お前は何故高校なんかに通ってる? それとも中学校が舞台か? 高校だよね? その辺りが微妙だ。

ま、ともかくどんな話かも良く判らんのだけど、変に真面目ぶって親子とはとかやり出すと填る気がするんだが気のせいだろうか。
チアネタを使ったという以外は、いたっていつも通りの展開。珍しく、一貫して文化祭というネタに統一されていたけれど、まぁ文化祭というのは、学園物としては大ネタなので、1話分くらいの話は作れても不思議じゃないかもしれない。

ただ、総決算的な意味合いは入っていたので、特別な色付けはされていませんでした。その分全体的に大人しめで、特筆するべき部分が見受けられないという結果にもなっています。

まぁ良くも悪くもらき☆すたはらき☆すたでしたという形式を維持しました。その点は凄いなとも思いますが、どうも世の中には好意的に受け入れられていたようなので、変える必要もなかったと言うことなのかもしれません。